観世音菩薩出家記念の御報告

先日、令和3年10月24日(日)に観世音菩薩得道記念を行いました。
多くのお供えものとお花を捧げさせていただきました。

碧鳳水元宮では観世音菩薩さまのおまつりが3つあります。
 1.観世音菩薩佛辰(旧暦2/19)2022年3月21日(月)
 2.観世音菩薩出家記念(旧暦9/19)来年は2022年10月14日 (日) ← 今回
 3.観世音菩薩得道記念(旧暦6/19)2022年7月17日(日)
 
今回は2の出家記念であり字の如く出家にあたります。次回の来年3月、佛辰は誕生日となります。
3の得道記念、得道とは仏道を修行し悟りを開くことを指しますので、観世音菩薩の悟りとは成仏をあらわします。

観世音菩薩さまには、お願い事ばかりしているのですが、祈るということの意味は「何だろう?」と考えてみました。

1.私たちは何かをお願いするとき、しっかりと自身の中で整理した上でお伝え出来ているだろうかと。
整理もつけずに、ダラダラと一方的にお願い事を伝えてないだろうか?と反省しました。
これは仕事でも日常の中でも同じく、最低限自身の中で要点をまとめ、ポイントだけをお伝え出来ているだろうかと。翌々考えてみれば、お願いするほどの事でも無く、簡単な問題だったことや、既に答えを持っていたことなど、多くあったように思います。

2.願いが叶った時、いの一番で感謝の報告をしているだろうかと。
思い返せば以前は…叶った時には、既に次の課題が生まれており、そのお願いばかりしていたように思います。
お願いごとをするときだけ、手を合わせるのは余りにも都合良すぎるだろうと反省し、それ以降その姿勢を正しました。どうしても1より2のが疎かになりがちですが、実は逆で2のが重要だと気がつき仕事や日常でも実践してます。

これも悟りへの小さな一歩となる大きな気づきであると考えております。観世音菩薩さま!気づきをいただき有り難うございます。

世界平和、コロナ収束、天災が起こらぬ様、祈りを捧げました。

碧鳳水元宮では、多くの観世音菩薩さまをお祀りしております。是非、お詣りいただきご縁を結んで下さい。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。